パワーストーンのプレゼント

パワーストーンを好きな人にプレゼントするとか、大切な人のお守りにするとかの場合にも、自分の思いを伝えるという意味でプレゼントすると浄化の作用があるということですが、あくまでも受け取った人がそのような意識でそれを利用するかということで、その人の意識が正しくないものならばパワーストーンも意思があるわけではないので、その人の色に染まるということになりますが、例えばその人を守ってくださいとか、幸運が来ますようにとか祈りながら与えると、その思いの効果が残るので、効果的なパワーストーンの利用ということになるということでした。確かにそれを必要としない人もいれば、全く信じない人もいますので、あくまでもお守り程度に考えてプレゼントするのが良いのかもしれないと思います。しかし思い自体は受け取ったのならば通じるのではないかと思います。

パワーストーンと願いの込め方

パワーストーンもただ持っているということでは、願いのイメージがあやふやで願いが叶いようがありません。神社などでも、ただしあわせになりたいと祈っても、どう幸せになりたいのか具体化していないので聞く方も困ってしまうということになります。同じようにパワーストーンを利用する場合でも、願いをより具体的にして、購入した時にその具体化した願いを込めるという作業をすると効果が出てくるということがありましたが、確かに具体的にイメージしておくと、引寄せの法則などもあるので、より効果的に願いが叶うかもしれません。何よりも本人の努力が大切ですが、その上でそのようなものを利用すると、効果も高まるのではないかと思います。思いの意識が大切ということでしょうから、それを増幅してくれるのがパワーストーンの作用ということになるようです。

パワーストーンと使い方

パワーストーンを購入しても使い方がわからないということもあります。置いておく場合には、意識するということでつながっているので、目につくところに置いておくとか、浄化したい空間に置いておくというのが普通だと思います。また瞑想などをする場合には、その石を握りながら瞑想すると良いともありました。また願いを叶えるということでは、途中経過を決めてしまわずに、その願いの結果を叶えるということで、途中のプロセスを確定してしまわないということで利用すると良いとありましたが、色々な願いの叶う方法があるので、その結果に行き着くまでが、必ずしも自分の考え通りではないということもあり、決めつけてしまうと返って願いの成就が遠のくという話もありました。そのようにあくまでも自分の思いが大切で、パワーストーンはそれを助けるアイテムということのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です