パワーストーンの浄化方法

パワーストーンも最初は色々な人の手に渡っているので、浄化されていない状態なのだそうで、それをまず浄化することが必要になるそうです。どのパワーストーンを選んでよいかわからない時は基本として水晶を選ぶと良いとありましたが、水晶は世界中で宗教施設のご神体などになっているので、効果があるということではないかと思いますが、確かに無難なところかもしれません。それで浄化方法ですが、パワーストーンを販売しているところでは、全て浄化して販売しているということを謳っている場合もあります。後は信じるかどうかですが、自分で行う場合には、水を使ったりお香を使ったり日光を使ったりすれば清められるとありました。水が簡単ですが、宝石の中には水に弱い宝石もあるそうなので、その時はお香などで代用すると良いかもしれません。感謝の言葉をかけながら水で洗うように流すことだそうです。水道水でも良いということです。

パワーストーンの浄化と意味

パワーストーンでの浄化ということでは、そもそも浄化とはどういうことかということが頭に浮かぶと思いますが、清めるとかお祓いをするとかということがイメージされます。そうなると思いということが中心の行為だろうということがわかります。衣類を洗濯すれば良いというようなものではないということですから、パワーストーンの場合でも、そのパワーストーンが浄化されていないと意味がないということになります。例えば呪われている宝石などの話も、それも同じですがマイナスの効果のあるものということになり、マイナスにもなるということがわかります。そうするとその宝石自体をまず浄化するということが大切で、それは人の思いが浄化させると解釈できます。神や仏ということもあるのかもしれませんが、人を通すことは間違いないので、まずは浄化から始めるということになります。

パワーストーンの浄化と波動

パワーストーンが何故運勢が良くなったり幸運を招いたりするのかということですが、それは人間に感応する波動があるからではないかという人もいました。その人の幸運や幸福の波動というものがあり、不幸の波動というものもあるということから、その幸福の波動を引き寄せるものがパワーストーンから発せられているということで、その波動は人それぞれ違うので、それでパワーストーンも人により違ってくるということなのだろうと思います。そのような波動を合わせると、他の不幸の波動や邪悪な自分から発する波動を排除しますから、それがそのまま浄化の波動になるということだろうと思います。また人は複数のことを一緒に考えることはできません。ですので波動もそのひとつが出ていれば、そのままそれがその人の波動になるということなのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です